FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1922年夏の選手権大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1922年夏の選手権大会終了時点中等学校ランキングはこちら

1922年(大正11年)第8回全国中等学校野球大会終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1922 選手権
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 兵庫 55.453 882.987
2 3 和歌山 185.885 633.119
3 2 京都 -11.243 456.785
4 4 東京 -10.643 310.028
5 5 岩手 -33.858 270.885
6 9 愛媛 72.373 262.658
7 6 愛知 -24.299 236.595
8 7 鳥取 -25.961 228.389
9 11 長野 63.025 216.280
10 8 福岡 -13.970 180.778
11 10 大阪 -7.616 178.366
12 15 広島 31.447 84.408
13 13 新潟 11.591 75.533
14 14 満洲 10.451 73.720
15 21 島根 27.542 61.220
16 12 秋田 -8.062 60.565
17 18 朝鮮 13.646 51.828
18 16 茨城 3.941 48.802
19 22 北海道 26.362 39.241
20 17 岡山 -1.277 39.093
21 20 山口 -2.757 33.024
22 19 香川 -6.337 29.612
23 23 長崎 -1.561 10.037
24 25 佐賀 6.643 6.643
25 24 三重 -1.655 5.673
26 25 青森 0.000 0.000
26 25 山形 0.000 0.000
26 25 宮城 0.000 0.000
26 25 福島 0.000 0.000
26 25 栃木 0.000 0.000
26 25 群馬 0.000 0.000
26 25 埼玉 0.000 0.000
26 25 千葉 0.000 0.000
26 25 神奈川 0.000 0.000
26 25 山梨 0.000 0.000
26 25 富山 0.000 0.000
26 25 石川 0.000 0.000
26 25 福井 0.000 0.000
26 25 静岡 0.000 0.000
26 25 岐阜 0.000 0.000
26 25 滋賀 0.000 0.000
26 25 奈良 0.000 0.000
26 25 徳島 0.000 0.000
26 25 高知 0.000 0.000
26 25 熊本 0.000 0.000
26 25 大分 0.000 0.000
26 25 宮崎 0.000 0.000
26 25 鹿児島 0.000 0.000
26 25 沖縄 0.000 0.000
26 25 台湾 0.000 0.000

1位は相変わらず独走状態の兵庫。今回も神戸商の準優勝によりポイントを重ねました。2位には和歌山。和歌山中(現・桐蔭)の2連覇は大きいですが、1位兵庫との差は200ポイント以上あります。3位は京都。和歌山に追い抜かれ1ランクダウン。4位東京、5位岩手は変わらず。6位には松山商の4強入りにより愛媛。7位愛知、8位鳥取は愛媛の進出によりそれぞれ1ランクダウン。9位は松本商(現・松商学園)の4強入りにより長野。10位福岡となっています。近畿勢のベスト3独占は変わらず。しかし大阪が今回ベスト10から漏れました。
今回は佐賀が新たにポイントを獲得し、ポイント保有道府県・地域は25となりました。

地区ランキングはこちら。
1922 選手権
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 近畿 71.611 741.611
2 2 東北 -41.920 331.450
3 6 四国 66.036 292.270
4 3 関東 -17.295 263.242
5 5 中国 16.108 247.853
6 4 東海 -25.954 242.269
7 7 九州 -8.889 197.457
8 8 北信越 40.064 170.453
9 9 外地 13.388 69.749
10 10 北海道 26.362 39.241

近畿の強さが圧倒的です。2位東北に対してダブルスコアとなりました。前回に引き続き決勝が近畿勢同士の対戦となり、また第5回神戸一中(現・神戸)、第6回関西学院中(現・関西学院)、第7回・第8回和歌山中と、近畿勢が全国大会4連覇中です。2位東北はここのところ振るいません。1919年に盛岡中(現・盛岡一)が4強入りして以来、活躍が見られなくなってきました。今回も秋田中(現・秋田)は初戦敗退に終わってしまいました。3位には四国が躍進。3ランクアップしました。4位関東は1ランクダウン。5位中国は変わらず。6位東海は2ランクも下げました。7位以下は順位は変わりませんが、8位北信越が大きくポイントを獲得し、第2グループに仲間入りしつつあります。外地と北海道は厳しいですね。外地勢は今回2校とも初戦敗退。北海道は1勝でした。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。