FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1928年春の選抜大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1928年春の選抜大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」はこちら

1928年(昭和3年)第5回選抜中等学校野球大会終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1928 選抜
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 2 兵庫 316.924 1227.353
2 3 和歌山 130.189 999.615
3 1 香川 21.217 960.318
4 4 広島 2.936 771.483
5 5 長野 60.141 616.463
6 6 愛媛 14.133 531.890
7 7 東京 -9.597 505.360
8 9 静岡 127.804 428.087
9 8 満洲 0.000 373.027
10 10 愛知 49.777 340.953
11 12 京都 21.179 310.448
12 11 鳥取 -0.770 289.830
13 13 大阪 25.705 287.611
14 15 山口 21.302 180.140
15 14 鹿児島 8.201 177.398
16 16 熊本 -5.723 141.414
17 17 朝鮮 0.000 119.561
18 18 島根 9.643 117.860
19 19 岩手 0.000 106.802
20 20 北海道 0.000 100.843
21 21 新潟 0.000 94.057
22 22 群馬 0.000 91.304
23 23 台湾 0.000 73.369
24 24 福岡 0.000 73.240
25 25 長崎 0.000 60.980
26 26 神奈川 -4.645 51.690
27 27 福井 0.000 51.636
28 28 栃木 0.000 33.362
29 29 茨城 0.000 32.860
30 30 石川 0.000 28.082
31 31 岡山 0.000 21.608
32 32 秋田 0.000 20.606
33 33 佐賀 0.000 19.679
34 34 青森 0.000 15.361
35 35 宮城 0.000 11.636
36 36 千葉 0.000 7.906
37 37 山形 0.000 0.000
37 37 福島 0.000 0.000
37 37 埼玉 0.000 0.000
37 37 山梨 0.000 0.000
37 37 富山 0.000 0.000
37 37 岐阜 0.000 0.000
37 37 三重 0.000 0.000
37 37 滋賀 0.000 0.000
37 37 奈良 0.000 0.000
37 37 徳島 0.000 0.000
37 37 高知 0.000 0.000
37 37 大分 0.000 0.000
37 37 宮崎 0.000 0.000
37 37 沖縄 0.000 0.000

1927年選手権で首位を明け渡した兵庫が、わずか1大会で首位復帰。和歌山も2位に上がり近畿2強体制復活か?!香川は首位から3位へ後退。4位から7位は変わらず、8位静岡は1ランクアップ、9位満洲は代わって1ランクダウン。10位愛知は変わらず。

今回も新たにポイントを獲得した地方はなし。ポイント保有道府県・地方は36のまま。1926年選手権に増えたのを最後に増加が止まっております。

地区ランキングはこちら。
1928 選抜
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 四国 24.541 1142.438
2 2 近畿 217.933 1109.991
3 3 中国 15.510 714.622
4 4 北信越 60.141 601.644
5 5 東海 94.763 489.467
6 6 関東 -8.385 370.079
7 7 九州 2.478 349.299
8 8 外地 0.000 242.435
9 9 東北 0.000 119.440
10 10 北海道 0.000 100.843

今回は決勝が近畿決戦ということで近畿の首位奪還が期待されましたが、わずかに約32ポイント差で及びませんでした。1925年選手権以来続いてきた近畿と四国のシーソー状態は四国がギリギリで防衛を果たしたことで終わりましたが、まだまだ予断を許さぬ状況。2位近畿から3位中国までの差は約400ポイント近くに及び、四国・近畿の2強体制と言えるでしょう。近畿は入れ替わり立ち替わりいくつかの学校が活躍していますが、四国ははっきりいって高松商と松山商の2校でこのポイントを維持しているような状態ですから、両校の活躍はかなりのものです。3位以下も順位に変動はありませんが、北信越と東海がポイントをかなり獲得しています。1位四国と2位近畿が高レベルで近接している他は、6位関東と7位九州がややポイントが近いくらいで、あまり順位表に顕著な構造は認められません。各順位間にはそれなりにポイント差があり、バラバラに位置しています。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。