スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1933年春の選抜大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1933年春の選抜大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています

1933年(昭和8年)第10回選抜中等学校野球大会終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1933 選抜
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 2 愛知 100.073 1387.730
2 1 広島 3.308 1331.279
3 3 兵庫 42.442 1272.846
4 4 愛媛 -62.463 1023.349
5 5 和歌山 0.950 965.980
6 6 香川 -66.017 888.805
7 7 長野 -40.756 807.837
8 10 京都 58.262 562.153
9 8 静岡 -9.327 551.618
10 9 大阪 10.780 546.633
11 32 岐阜 394.538 421.730
12 11 東京 -5.814 382.202
13 12 台湾 18.884 285.498
14 13 満洲 0.000 244.860
15 14 鳥取 20.594 235.857
16 15 鹿児島 -3.168 198.627
17 16 福岡 -1.710 188.689
18 17 北海道 0.000 165.652
19 20 群馬 15.038 153.714
20 19 福井 -0.702 139.620
21 21 朝鮮 0.000 138.245
22 18 熊本 -4.619 137.032
23 22 山口 -3.835 94.206
24 23 岩手 0.000 92.390
25 27 神奈川 14.945 54.293
26 25 秋田 0.000 54.277
27 26 佐賀 0.000 51.987
28 24 島根 -5.175 51.824
29 30 長崎 9.661 38.595
30 28 石川 0.000 36.597
31 29 宮城 0.000 35.243
32 31 千葉 0.000 27.632
33 33 青森 0.000 24.604
34 34 茨城 0.000 24.327
35 35 新潟 0.000 21.690
36 36 大分 -0.327 19.460
37 37 栃木 0.000 9.930
38 38 埼玉 -0.418 6.585
39 39 山形 0.000 0.000
39 39 福島 0.000 0.000
39 39 山梨 0.000 0.000
39 39 富山 0.000 0.000
39 39 三重 0.000 0.000
39 39 滋賀 0.000 0.000
39 39 奈良 0.000 0.000
39 39 岡山 0.000 0.000
39 39 徳島 0.000 0.000
39 39 高知 0.000 0.000
39 39 宮崎 0.000 0.000
39 39 沖縄 0.000 0.000

ついに愛知が奪首。夏連覇中の中京商(現・中京大中京)も春はなぜか4強止まりなのですが、それでも十分な活躍です。もう1校の代表享栄商(現・享栄)も8強。2位は1ランクダウンした広島。広島商は4強入りしましたが、過去に広陵中(現・広陵)が獲得したポイント(1926年優勝、1927年準優勝、1929年準優勝)が劣化して失うポイントも多く、差し引きで広島の獲得ポイントは少なくなりました。3位兵庫は変わらず。明石中(現・明石)は準優勝、神戸一中(現・神戸)は和歌山中(現・桐蔭)を破り、かなりのポイントを獲得しました。4位愛媛は代表校2校でしたが松山商、松山中(現・松山東)はともに初戦敗退。大きくポイントを落としました。まだ1000ポイントを割り込んではいませんが、3位兵庫とのポイント差は250ポイント近くになっており、やや上位グループとは距離ができました。5位和歌山は4校もの代表校を送り出しましたが、結果は5勝4敗とかろうじて勝ち越しの状況で、あまりポイントを獲得できませんでした。マイナスにならなかっただけマシとは言えるでしょう。6位香川、7位長野は変わらず。8位京都は京都商(現・京都学園)の8強入りの活躍で2ランク上昇。9位静岡、10位大阪は京都に追い抜かれて1ランクずつ下げました。優勝した岐阜商(現・県岐阜商)の岐阜は21ランクも上昇して11位へ。

上述の通り、上位7県の間でも1~3位と4~7位にやや分離しつつあります。また7位長野と8位京都の間にも250ポイント近い差があり、上位7県はまだ安泰です。しかし上位7県の中でも特に最近の香川のポイント下落はかなりひどい状況になっており(前年夏は-75.861、今回は-66.017)、近々に奮起を期待したいところです。

今回、新たにポイントを獲得した地方はありません。ポイント保有道府県・地方は38のままです。

地区ランキングはこちら。
1933 選抜
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 四国 -73.997 1493.421
2 2 近畿 64.016 1409.714
3 3 東海 163.081 1350.576
4 4 中国 2.889 1038.048
5 5 北信越 -40.643 681.866
6 6 九州 -7.141 383.522
7 8 外地 18.884 312.628
8 7 関東 4.184 302.145
9 9 北海道 0.000 165.652
10 10 東北 0.000 116.778

順位変動は7位外地と8位関東が入れ替わり。この2地区は最近かなり激しく順位を争っています。上位では順位変動はないものの、3位東海のポイントの伸びがすばらしいですね。4位中国との差を300ポイント以上に開き、四国、近畿とともに3強の状態を作り出しています。首位四国は今回伸びず。香川、愛媛から2校ずつ計4校が出場したものの結果は1勝4敗。ポイントを劣化により失う状況となりました。2位近畿は11校もの大量出場でしたが、結果は14勝11敗。14勝は1地区の1大会での勝利数としては過去最多ではありますが、11校で平均化するとそれほど大きな勝利とも言えないでしょう。対して3位東海は優勝の岐阜商も含めて出場6校で11勝5敗。かなりの勝利数を重ねました。ポイントも大きく伸び、2位近畿に対して50ポイントあまりの差にまで迫りました。4位中国は5勝4敗。勝ち越しているので結果は悪くはないのですが、3位東海の結果が素晴らしすぎて差を開かれています。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。