スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1936年春の選抜大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1936年春の選抜大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています

1936年(昭和11年)第13回選抜中等学校野球大会終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1936 選抜
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 愛知 22.255 1778.065
2 2 広島 -79.818 1287.459
3 3 兵庫 -40.572 1109.991
4 4 愛媛 46.428 1090.791
5 6 岐阜 33.874 726.628
6 5 和歌山 -86.383 661.737
7 7 大阪 -35.811 631.846
8 8 京都 33.333 603.895
9 9 長野 -62.770 460.059
10 10 香川 -51.956 449.130
11 11 静岡 -44.519 350.269
12 19 群馬 171.108 308.260
13 12 東京 -0.066 293.912
14 13 台湾 -7.531 278.405
15 14 福岡 26.202 243.193
16 15 熊本 -8.159 207.921
17 16 鳥取 -6.079 171.653
18 17 朝鮮 0.000 149.769
19 18 福井 -1.042 141.386
20 20 秋田 0.000 134.674
21 21 北海道 0.000 127.047
22 22 大分 -2.607 116.220
23 24 鹿児島 7.013 108.215
24 23 満洲 0.000 104.823
25 26 神奈川 -3.678 94.790
26 25 山口 -20.802 78.325
27 27 岩手 0.000 67.076
28 28 茨城 0.000 61.299
29 29 千葉 0.000 52.963
30 30 佐賀 0.000 42.757
31 31 栃木 -0.652 37.603
32 32 埼玉 -1.742 35.748
33 33 奈良 0.000 31.511
34 34 石川 0.000 31.027
35 36 山梨 0.000 24.474
36 37 宮城 0.000 22.103
37 35 島根 -4.477 20.075
38 38 滋賀 -1.156 18.212
39 39 徳島 -0.458 14.015
40 40 福島 0.000 13.738
41 41 青森 0.000 12.965
42 42 長崎 -0.723 9.908
43 43 新潟 0.000 4.223
44 44 山形 0.000 0.000
44 44 富山 0.000 0.000
44 44 三重 0.000 0.000
44 44 岡山 0.000 0.000
44 44 高知 0.000 0.000
44 44 宮崎 0.000 0.000
44 44 沖縄 0.000 0.000

優勝した愛知商の愛知がポイントを少し伸ばして首位キープ。2位広島が大きくポイントを劣化させたため、その差が再び500ポイント近くまで開きました。独走態勢を再構築しています。3位兵庫、4位愛媛も順位変わらず。4位愛媛と5位岐阜の間は300ポイント以上の差があり、上位4県が4強を形成しています。5位岐阜と6位和歌山は入れ替わり。岐阜は今回岐阜商(現・県岐阜商)が1勝を挙げていますがそれほど際立った活躍ではなく、どちらかと言えば和歌山の劣化が大きすぎるのが原因でしょう。7位大阪、8位京都、9位長野、10位香川と順位変わらず。ポイントで見ると5位岐阜から8位京都までが一団を成しています。
やはり愛知勢の強さが燦然と輝いています。1926年選手権から今大会までの10年間20大会での愛知勢の戦績は57勝25敗、勝率.695。これは確率論的な偶然の範囲を越えており、単なる好不調ではなくおそらくこの時期の愛知にはこの強さを必然のものとする何らかの要因があったものと思われます。この愛知の牙城に挑戦するのはやはり4強の残る3県でしょう。5位から8位の中堅県は、その最上位の5位岐阜ですら愛知とは1000ポイント以上の差があり、近々のうちに愛知への挑戦権を得るのは難しいと思われますので、2位広島、3位兵庫、4位愛媛に期待したいところです。この3県もこの当時の成績は決して悪くはないのですが、愛知勢の成績があまりにも突出しているために独走を許してしまっています。したがって今後の注目としては広島、兵庫、愛媛の奮起を期待するというよりも、愛知の絶好調がいつまで続くのかということがポイントになってくるでしょう。

今回は新たにポイントを獲得した県はなく、ポイント保有道府県・地方は43のまま。

今回は初出場の県はなく、春夏通じて甲子園未出場なのは、山形、富山、高知、宮崎、沖縄の5県で変わらず。
出場経験はあるが未勝利なのは、青森、福島、三重、滋賀、徳島の5県でこちらも変わらず。
優勝経験があるのは、愛知、兵庫、広島、和歌山、香川、愛媛、岐阜、東京、長野、静岡、京都の11府県でこれまた変わらず。
記録の詳細は「データ集」をご参照ください。

地区ランキングはこちら。
1936 選抜
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 東海 24.543 1728.382
2 3 四国 40.101 1304.934
3 2 近畿 -58.355 1252.920
4 4 中国 -55.879 907.768
5 6 九州 -4.367 423.621
6 7 関東 90.067 408.880
7 5 北信越 -62.602 399.108
8 8 外地 -7.531 248.439
9 9 東北 0.000 139.198
10 10 北海道 0.000 127.047

愛知に引っ張られる形で、こちらも東海がぶっちぎりの首位をキープ。2位四国と3位近畿が逆転。近畿が3位に下がるのは1916年選手権終了時以来20年ぶり。1934年選抜以来ポイントの減少が続いています。決勝戦5連敗中であることや、出場校数が多いことが裏目に出て数校が好成績を挙げても平均化されてしまうことなどで伸び悩んでいます。4位中国もかなりポイントを劣化させており、ポイント面で見ると上位地区から中堅地区に後退しつつあります。5位九州、6位関東が一つずつ順位を上げたのに対して7位北信越は2ランクダウン。松本商(現・松商学園)、諏訪蚕糸(現・岡谷工)の長野勢の活躍も今は昔となり、下位に低迷してしまっています。8位外地、9位東北、10位北海道は変わらず。
東海の強さは愛知勢の並外れた強さに加えて岐阜商もこの順位に貢献しています。東海勢は顔ぶれが多彩で、しかもそのそれぞれが全国トップクラスの力を誇っており、まさに盤石です。近畿、四国も健闘しているのですが、地方ランキングで見た愛知勢のように、地区ランキングにおける東海勢も「強すぎる」のです。この強さは果たしていつまで続くのでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。