スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1934五地区大会(関東・東海大会)終了時点地方ランキング

>>正式版1934五地区大会(関東・東海大会)終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1934年(昭和9年)第2回関東中等学校野球大会、東海地方中等学校野球大会終了時点での地方ランキングを発表いたします。地区大会ですので、地区ランキングは変動ありません。

地方ランキングはこちら。
1934 五地区大会
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 愛知 39.321 2363.660
2 2 兵庫 -6.054 1614.592
3 3 広島 0.000 1527.690
4 4 和歌山 -1.839 1086.157
5 5 愛媛 0.000 1050.928
6 6 香川 0.000 1046.936
7 7 長野 6.864 853.667
8 8 京都 -1.082 786.236
9 9 大阪 -0.360 723.662
10 10 静岡 29.884 592.706
11 11 岐阜 84.536 544.987
12 12 東京 17.224 370.698
13 13 熊本 0.000 277.457
14 14 福岡 0.000 253.936
15 17 群馬 26.244 243.935
16 15 福井 0.000 232.584
17 16 台湾 0.000 231.313
18 18 鹿児島 0.000 203.475
19 19 鳥取 0.000 199.425
20 20 満洲 0.000 176.350
21 21 北海道 0.000 153.984
22 22 朝鮮 0.000 142.554
23 23 神奈川 5.073 142.019
24 24 岩手 0.000 131.108
25 25 秋田 0.000 100.826
26 26 山口 0.000 89.343
27 27 茨城 3.906 85.763
28 28 大分 0.000 73.074
29 29 佐賀 0.000 72.579
30 30 栃木 14.311 62.896
31 33 千葉 11.928 53.330
32 31 奈良 -0.422 47.557
33 32 滋賀 -0.566 44.288
34 34 高知 0.000 33.880
35 44 三重 27.450 33.525
36 35 長崎 0.000 32.835
37 36 島根 0.000 32.527
38 37 石川 0.000 26.075
39 38 徳島 0.000 25.937
40 39 宮城 0.000 23.914
41 41 埼玉 13.988 23.630
42 40 青森 0.000 16.310
43 42 宮崎 0.000 8.544
44 43 新潟 0.000 8.088
45 45 福島 0.000 5.266
46 46 山形 0.000 0.000
46 46 山梨 0.000 0.000
46 46 富山 0.000 0.000
46 46 岡山 0.000 0.000
46 46 沖縄 0.000 0.000

東海大会で優勝した岐阜商(現・県岐阜商)の岐阜が大きくポイントを伸ばしましたがランキングは変わらず11位、関東大会で優勝した桐生中(現・桐生)の群馬は2ランク上昇して15位。他、上位には変動がありませんが下位では千葉が2ランク上昇して31位、三重が9ランクも上昇して35位となっています。特に岐阜の近年のポイント上昇は目覚しいものがあります。実に1932年選抜まで愛知勢の後塵を拝し全国に代表を送れず、保有ポイント0でした。この1932年選抜にようやく初めての代表を送りポイントを取得、翌年1933年選抜では早くも岐阜商が優勝。強すぎる愛知勢の影に隠れていましたが、実はすでに全国に通じる実力を備えていたのです。今大会でも大きくポイントを伸ばして10位静岡に迫り、ランキングベスト10も見えてきました。これは地区レベルで見ても、愛知がほぼ単独で引っ張っていた東海が、岐阜の躍進を得て裾野を広げさらに磐石の強さを獲得することに繋がりそうです。

一方で関東勢は最上位の東京が12位。1府7県で計8府県(この当時、東京は都ではなく府です)もの大所帯でありながら、ランキングベスト10へのランクインは無し。関東にあって注目なのは今回桐生中が優勝した群馬。群馬は岐阜ほどの華やかさはありませんが、やはり初のポイント獲得が1925年選手権である後発の県でありながらコツコツとポイントを重ねてきました。ここ数年は10位台後半が定位置でしたが、今大会で15位に上昇し定位置脱出も見えてきました。このような地道な地方から、意外な活躍を見せるダークホースが輩出されることになるのかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。