スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1937神宮国体大会終了時点中等学校ランキング

<<前のランキングへ 次のランキングへ>>

>>正式版1937神宮国体大会終了時点地区・地方ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1937年(昭和12年)第9回明治神宮体育大会野球中等選抜試合終了時点でのランキングを発表いたします。

出場校は以下の通り。
1937 神宮国体
代表校 地方 出場回数 現在校名 ランキング ポイント
- 北海中 北海道 4年ぶり2回目 北海 46 256.340
- 慶応商工 東京 ※1 34 311.291
- 中京商 愛知 4年ぶり3回目 中京大中京 1 2053.644
- 海草中 和歌山 8年ぶり2回目 向陽 15 581.501
- 呉港中 広島 3大会連続3回目 呉港 9 961.035
- 徳島商 徳島 徳島商 31 335.264
- 熊本工 熊本 熊本工 16 563.064
- 嘉義中 台湾 ※廃校 155 64.549
※1…1949年、慶応に統合

大会開催期間は10月31日から11月4日まで。出場校は、ランキングから見ると例年に比べてややおとなしい印象です。この年の春夏甲子園の結果から見ると、春準優勝・夏優勝の中京商、夏準優勝の熊本工が出場し、春優勝の浪華商(現・大体大浪商)は選に漏れました。ポイントで見ると、優勝候補は圧倒的に1位中京商。保有ポイントでは、2番手となる9位呉港中に対してですらダブルスコアであり、絶対優位は動きません。中京商を止めるのはどこか、といったところが最大のみどころです。またもう一点、夏準優勝の16位熊本工が中京商に対して雪辱なるか、も面白いみどころとなるでしょう。

そして大会では、なんと1回戦の初戦で夏の甲子園決勝のカード1位中京商対16位熊本工が再現。3-2の僅差で熊本工が雪辱を果たし、優勝の最有力候補中京商は初戦敗退。さらに9位呉港中対31位徳島商は5-1で徳島商が勝利し、優勝候補2校が初戦で揃って敗れてしまい、優勝争いは混沌としてきました。準決勝第1試合15位海草中対155位嘉義中は7-0で海草中が勝利、準決勝第2試合16位熊本工対31位徳島商は6-3で熊本工が勝利。決勝は15位海草中対16位熊本工の中堅校対決。試合は、まず2回表に熊本工が1点先制、さらに中盤5回表、6回表にも1点ずつ追加して3-0。海草中はなかなか反撃の糸口をつかめず、結局熊本工川上投手は7四球を与えながらも2安打に抑えて完封勝利。熊本工は初優勝、熊本勢としても初優勝となりました。ちなみに、全国レベルの大会で九州勢が優勝するのは、これが初めてです。

大会結果を反映したランキング(上位50校のみ)はこちら。
1937 神宮国体
順位 前回順位 学校名 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 中京商 愛知 -23.585 2030.059
2 2 岐阜商 岐阜 -5.628 1644.551
3 3 松山商 愛媛 -14.326 1392.778
4 4 平安中 京都 -4.178 1077.125
5 5 浪華商 大阪 -2.394 1068.854
6 6 愛知商 愛知 -52.726 1000.706
7 8 東邦商 愛知 0.000 973.791
8 7 明石中 兵庫 -7.626 969.600
9 9 呉港中 広島 -9.905 951.129
10 10 享栄商 愛知 0.000 924.999
11 16 熊本工 熊本 178.819 741.883 優勝
12 11 育英商 兵庫 -0.981 662.507
13 12 桐生中 群馬 -7.407 634.293
14 15 海草中 和歌山 34.795 616.296 準優勝
15 13 広陵中 広島 -28.644 572.340
16 14 広島商 広島 -24.075 565.259
17 18 和歌山中 和歌山 -14.331 461.449
18 20 早稲田実 東京 -5.057 458.764
19 21 島田商 静岡 0.000 447.316
20 19 第一神港商 兵庫 -28.952 442.987
21 17 高松中 香川 -47.574 434.271
22 23 海南中 和歌山 0.000 413.919
23 22 静岡中 静岡 -15.885 408.568
24 24 長野商 長野 0.000 396.779
25 25 小倉工 福岡 -1.675 383.000
26 31 徳島商 徳島 43.489 378.753 ベスト4
27 26 坂出商 香川 0.000 373.787
28 27 一宮中 愛知 0.000 368.697
29 28 高松商 香川 -0.759 357.970
30 29 神戸一中 兵庫 0.000 344.653
31 30 八尾中 大阪 0.000 342.645
32 32 和歌山商 和歌山 0.000 333.325
33 34 慶応商工 東京 3.618 314.909
34 33 京都商 京都 0.000 312.169
35 35 大分商 大分 -0.229 303.095
36 37 岡崎中 愛知 0.000 285.823
37 38 滝川中 兵庫 0.000 283.856
38 39 下関商 山口 -1.232 275.689
39 36 敦賀商 福井 -12.627 273.202
40 40 鳥取一中 鳥取 -1.375 270.940
41 41 千葉中 千葉 0.000 265.864
42 46 北海中 北海道 6.937 263.277
43 43 市岡中 大阪 0.000 261.453
44 44 甲陽中 兵庫 0.000 260.610
45 45 松山中 愛媛 -0.785 258.896
46 47 関西学院中 兵庫 -0.573 243.645
47 42 松本商 長野 -20.428 243.612
48 48 嘉義農林 台湾 0.000 238.747
49 49 日新商 大阪 0.000 229.538
50 50 京阪商 大阪 0.000 229.412
(50位以降を含めたランキング全体はこちら)

優勝した熊本工は5ランク上昇して11位となり、ランキングベスト10目前となりました。準優勝の海草中は1ランク上昇して14位。ベスト4の徳島商は5ランク上昇して26位となり、ついに同じ四国である香川勢の坂出商、高松商の上に躍り出ました。同じくベスト4の嘉義中は45ランク上昇して110位。上位陣ではポイントの劣化により明石中(現・明石)が1ランク下がって8位、それに伴って東邦商(現・東邦)が1ランク上がって7位となったのみで、非常に小さな変動となっています。今回はランキングベスト10から出場した中京商、呉港中がともに初戦で敗れたことから、ランキング中堅の学校の活躍が目立ちました。特に注目されるのは熊本工でしょう。この先、もしランキングベスト10に入ることができれば、1916年夏の予選終了時点の10位久留米商以来、20年以上を経ての九州勢ランキングベスト10入りとなります。ただ、ランクではあと一歩のように見えますが、ポイントでは10位享栄商(現・享栄)との間に180ポイント余りの差があり、これは春夏甲子園での優勝もしくは準優勝クラスの活躍が必要なポイント差ですので、簡単ではありません。この勢いを持続できるのかどうか、期待して注目したいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。