スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1940年夏の選手権大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1940年夏の選手権大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1940年(昭和15年)第26回全国中等学校野球大会終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1940 選手権
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 愛知 -90.705 2279.235
2 2 岐阜 -28.881 1597.675
3 3 京都 -38.066 1208.113
4 5 和歌山 158.644 1175.870
5 4 兵庫 -48.355 1051.670
6 6 大阪 88.272 993.335
7 7 広島 -97.216 746.730
8 10 静岡 69.365 658.327
9 8 愛媛 -87.489 604.220
10 9 熊本 -49.174 598.789
11 11 福岡 -5.595 555.711
12 12 長野 46.575 555.416
13 13 群馬 -9.411 487.183
14 14 香川 -4.765 482.506
15 15 東京 9.508 431.538
16 16 山口 14.276 363.196
17 17 徳島 5.978 342.436
18 18 神奈川 -14.260 224.117
19 19 台湾 -13.670 180.882
20 21 千葉 18.894 166.334
21 20 大分 -10.505 162.178
22 24 朝鮮 -6.870 127.682
23 22 鳥取 -13.626 127.041
24 23 北海道 -15.129 120.215
25 25 秋田 -17.247 95.814
26 26 鹿児島 -10.966 91.783
27 27 奈良 -3.988 84.820
28 29 栃木 -3.553 76.862
29 28 茨城 -6.995 75.353
30 31 滋賀 0.000 69.738
31 32 三重 0.000 66.920
32 40 島根 45.900 66.829
33 30 長崎 -7.228 64.049
34 33 埼玉 0.000 62.715
35 35 高知 0.000 59.547
36 36 佐賀 -7.700 45.742
37 34 福井 -17.326 43.818
38 37 満洲 -1.514 42.963
39 38 岩手 -1.137 36.842
40 39 山形 -1.863 26.441
41 45 富山 7.594 20.565
42 41 山梨 -2.363 15.189
43 43 青森 -1.914 13.505
44 44 宮崎 -1.925 12.587
45 42 石川 -4.253 11.573
46 46 福島 -1.409 8.114
47 47 宮城 1.061 5.462
48 48 新潟 0.000 0.000
48 48 岡山 0.000 0.000
48 48 沖縄 0.000 0.000

優勝した海草中(現・向陽)の和歌山は1ランク上げて4位。準優勝の島田商の静岡は2ランク上げて8位。ベスト4の市岡中(現・市岡)の大阪はランク変わらず6位。同じくベスト4の松本商(現・松商学園)の長野もランクは変わらず12位ですが、上位の11位福岡との差は1ポイント未満であり、10位熊本との差も40ポイント余りしかないことから、1937年秋の五地区大会終了時点以来のランキングベスト10復帰も見えてきました。今回はランキング上位に変動があり、4位和歌山と5位兵庫が近畿勢同士で入れ替わって、8位静岡が上昇。ランキング上位2位を占めている東海勢にあって、静岡が新たに上位進出を果たし、さらに盤石の態勢を整えつつあります。他地区に付け入る隙はあるのでしょうか。

春の選抜以降、今回までに新たにポイントを獲得した道府県・地方はなく、ポイント保有道府県・地方は47のまま。
今回は初出場の県はなく、春夏通じて甲子園未出場なのは、高知、宮崎、沖縄の3県で変化なし。
出場経験はあるが未勝利なのは、青森、山形、福島、富山、三重、滋賀の6県で変化なし。
優勝経験があるのは、愛知、兵庫、広島、和歌山、岐阜、香川、愛媛、京都、東京、長野、静岡、大阪の12府県で変わらず。
記録の詳細は「データ集」をご参照ください。

地区ランキングはこちら。
1940 選手権
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 東海 -61.831 2023.711
2 2 近畿 53.017 1471.546
3 3 中国 -28.147 869.926
4 4 四国 -86.277 742.174
5 5 九州 -19.080 660.534
6 6 関東 -0.317 463.829
7 7 北信越 18.105 359.435
8 8 外地 -9.039 165.641
9 9 北海道 -15.129 120.215
10 10 東北 -12.505 112.830

今回もランキングに変動無し。1939年選抜終了時の変動を最後として、1年以上変動がありません。優勝が東海勢、近畿勢に限られていることもありますし、下位地区勢はしばらく甲子園での勝利がなく、例えば東北勢は1935年選手権、北海道勢は1937年選手権、外地勢は1938年選手権が、それぞれ1940年現在で最後の勝利を記録した大会となっており、外地勢は丸2年、北海道勢は丸3年、東北勢にいたっては丸5年も勝利がありません。つまり優勝のみでなく、甲子園での勝利が地区間でかなり偏在しているのが分かります。1位東海に対する2位近畿の挑戦も注目ですが、3位以降の各地区から躍進する地区が出てくるのかどうかというのも、興味深いポイントです。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。