FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1940神宮国体大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1940神宮国体大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1940年(昭和15年)第11回紀元弐千六百年奉祝明治神宮国民体育大会野球中等学校の部終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1940 神宮国体
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 愛知 -82.064 2215.346
2 2 岐阜 23.995 1747.807
3 4 和歌山 197.475 1369.214
4 3 京都 0.459 1206.142
5 5 兵庫 -21.591 1016.481
6 6 大阪 7.589 1000.115
7 8 静岡 55.933 712.368
8 7 広島 -54.135 692.596
9 10 熊本 -13.389 585.400
10 9 愛媛 -18.911 585.309
11 12 福岡 22.670 578.380
12 11 長野 -5.416 551.712
13 15 東京 39.440 505.362
14 13 群馬 0.000 492.121
15 14 香川 0.000 482.506
16 16 山口 -1.146 362.050
17 17 徳島 -3.256 339.180
18 18 神奈川 0.000 225.362
19 19 台湾 -1.951 178.931
20 20 千葉 0.000 167.293
21 21 大分 -0.398 161.779
22 22 朝鮮 0.000 127.682
23 23 鳥取 0.000 127.041
24 24 北海道 -2.784 117.431
25 25 秋田 -2.847 92.967
26 26 鹿児島 0.000 91.783
27 27 奈良 0.000 83.872
28 28 栃木 0.000 75.115
29 29 茨城 0.000 73.574
30 30 滋賀 0.000 68.466
31 31 三重 0.000 68.417
32 32 島根 0.000 66.829
33 33 埼玉 0.000 66.819
34 34 長崎 0.000 64.049
35 35 高知 0.000 59.547
36 36 佐賀 0.000 45.742
37 38 満洲 0.000 42.963
38 37 福井 -2.105 41.713
39 39 岩手 0.000 36.842
40 40 山形 0.000 26.441
41 41 富山 0.000 20.565
42 42 山梨 0.000 15.189
43 43 青森 0.000 13.505
44 44 宮崎 0.000 12.587
45 45 石川 0.000 11.573
46 46 福島 0.000 8.114
47 47 宮城 0.000 5.462
48 48 新潟 0.000 0.000
48 48 岡山 0.000 0.000
48 48 沖縄 0.000 0.000

優勝した海草中(現・向陽)の和歌山は1ランク上げて3位。和歌山の3位は1930年選手権終了時点以来10年ぶり。保有ポイントは1931年選抜終了時点で記録した1338.717を越えて、和歌山として過去最高。準優勝の島田商の静岡は1ランク上げて7位。上位では他に、ポイントの経年劣化の差により9位熊本と10位愛媛が入れ替わっています。首位愛知は一時期ほどの勢いは無いものの2位岐阜とのポイント差はまだ400ポイント以上あり、2位岐阜と3位和歌山とのポイント差は300ポイント以上。この2県が図抜けている状態は変わりません。3位から6位は近畿勢がひしめき合い、京都に代わって和歌山が新たに東海2県への挑戦権を獲得しました。そしてこの近畿4府県を挟むように東海第3の県、静岡が7位に迫ってきています。6位大阪とのポイント差は300ポイント近くあり、まだ差が大きいですが、このまま近畿勢を追い上げて「東海王国」をさらに盤石にすることができるでしょうか。

地区ランキングはこちら。
1940 神宮国体
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 東海 -19.643 2004.067
2 2 近畿 68.984 1540.530
3 3 中国 -55.280 814.646
4 4 四国 -22.168 720.006
5 5 九州 8.883 669.416
6 6 関東 39.440 503.269
7 7 北信越 -2.407 357.028
8 8 外地 -1.951 163.690
9 9 北海道 -2.784 117.431
10 10 東北 -2.847 109.983

今回も地区ランキングは変動無し。1位東海と2位近畿のポイント差は、一時は900ポイント近くあったものが今では500ポイントを切りました。一方2位近畿と3位中国とのポイント差は700ポイントを越え、ダブルスコアに近くなっています。1935年選手権での松山商の優勝を最後に、以降5年間の春夏の甲子園10大会の優勝校が東海と近畿で占められ、準優勝校ですら東海・近畿勢以外からは3校のみ。恐るべき寡占状態です。こういう状態こそが「地域格差」と呼べる状態でしょう。この格差を飛び越える地区が近々現れることはあるのでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。