FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1941神宮国体大会終了時点地区・地方ランキング

>>正式版1941神宮国体大会終了時点中等学校ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1941年(昭和16年)第12回明治神宮国民体育大会野球中等学校の部終了時点での地区・地方ランキングを発表いたします。

まずは地方から。
1941 神宮国体
順位 前回順位 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 愛知 -253.378 2066.630
2 2 岐阜 -60.032 1630.801
3 3 和歌山 98.374 1475.258
4 4 京都 -79.558 1125.161
5 5 兵庫 -86.465 904.009
6 6 大阪 -52.818 889.370
7 8 熊本 -20.744 670.665
8 7 静岡 -39.485 657.845
9 9 福岡 -43.014 604.711
10 10 広島 -119.546 501.307
11 11 長野 -53.512 485.747
12 15 香川 -6.135 475.655
13 13 東京 -62.875 444.373
14 14 群馬 -48.941 433.737
15 12 愛媛 -88.322 429.994
16 16 山口 -11.314 394.048
17 17 徳島 -5.058 310.102
18 18 神奈川 -27.187 192.159
19 20 千葉 -20.684 146.608
20 19 台湾 -31.288 144.059
21 21 大分 -19.880 140.129
22 22 朝鮮 -18.657 109.025
23 23 鳥取 -15.066 107.027
24 25 滋賀 -1.354 96.115
25 24 北海道 -20.584 95.612
26 26 鹿児島 -11.169 82.230
27 29 奈良 -5.293 75.553
28 28 島根 -6.109 75.091
29 27 秋田 -21.885 71.082
30 30 長崎 -8.133 67.155
31 32 栃木 -10.063 63.135
32 35 高知 0.000 60.651
33 31 茨城 -13.609 59.965
34 33 三重 -9.256 59.161
35 34 埼玉 -4.885 56.641
36 36 佐賀 -8.534 39.615
37 37 満洲 -6.458 36.505
38 38 福井 -9.906 31.807
39 39 岩手 -8.634 28.207
40 40 山形 -2.392 24.048
41 41 宮崎 -2.157 23.735
42 42 富山 -1.292 19.274
43 43 山梨 -2.613 12.576
44 44 青森 -0.951 12.554
45 45 石川 -4.549 7.024
46 46 福島 -1.548 6.566
47 47 宮城 -0.173 5.289
48 48 新潟 0.000 0.000
48 48 岡山 0.000 0.000
48 48 沖縄 0.000 0.000

優勝した海草中(現・向陽)の和歌山は3位で変わらず。ただし、保有ポイントは和歌山として過去最高ポイントを記録しました。和歌山は1915年の本ランキング開始以来ランキングベスト10圏内から脱落したことがない強豪県ではありますが、実は首位に立ったことがありません。この時点での首位愛知までのポイント差はまだ大きいですが、一つ上の2位岐阜との差は200ポイントを割り込み、射程圏内に入ったと言えるでしょう。準優勝の熊本工の熊本は1ランク上げて7位。こちらは熊本として過去最高ランク。また九州勢としては、1915年の最初のランキングで福岡が同率6位であったことがありますが、それ以降であれば九州勢最高ランクとなります。さらなる上位は東海勢、近畿勢のみで占められていますが、ここに新風を送り込むことができるでしょうか。熊本の勢いには今後も注目です。

地区ランキングはこちら。
1941 神宮国体
順位 前回順位 地区名 Pts増減 現在Pts
1 1 東海 -186.227 1853.951
2 2 近畿 -6.931 1481.149
3 4 九州 -12.397 698.466
4 3 中国 -110.746 680.680
5 5 四国 -99.515 565.190
6 6 関東 -49.850 440.240
7 7 北信越 -37.094 307.481
8 8 外地 -24.480 135.626
9 9 北海道 -20.584 95.612
10 10 東北 -21.168 88.816

九州は前回ランキング(1941年選抜終了時点)に続き1ランク上げて3位へ。また、前回に続いて九州としての過去最高ランク更新です。東海、近畿の2強との間にはまだ大きなポイント差がありますが、一つの区切りを迎えたとは言えるでしょう。しかしながら4位中国とは僅差であり、この順位を安泰のものにするためにも、また上位との差を詰める意味でも、さらなるポイントの積み上げが欲しいところです。また首位東海と2位近畿とのポイント差は、一時期900ポイント近くまで開いていたものが、ここに来て400ポイントを割っています。まだこの差は小さいものではありませんが、この傾向が続けば東海の首位も危うくなりかねません。東海勢はこの年選抜では優勝・準優勝を独占していますし、それも含めて選抜の優勝は4年連続で東海勢です。決して活躍していないわけではないのですが、夏は4年前の中京商(現・中京大中京)以来優勝がありません。この年の夏の選手権が中止されてしまったのも痛いところです。近畿勢もポイントを伸ばしてはいないのですが、元の保有ポイントが東海の方が大きいため、経年劣化するポイントも東海の方が大きく、結果的に差が縮まっています。これから大会が減少していく中では各地区の保有ポイントも減少し続けることになると思いますが、この勢力図はどう変わっていくのでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。