FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式版1942年大日本学徒体育振興大会全国中等学校体育大会野球大会予選終了時点中等学校ランキング

<<前のランキングへ 次のランキングへ>>

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています
(本ブログの元データは上記ホームページ「高校野球ランキング」に格納しております。元データはデータの追加・削除・修正などにより不定期に更新されておりますので、本ブログの掲載データは古い可能性があります。最新のデータは上記ホームページをご参照ください。)

1942年(昭和17年)大日本学徒体育振興大会第1回全国中等学校体育大会野球大会地方予選終了時点でのランキングを発表いたします。

日中戦争の激化による国情逼迫や第二次世界大戦のヨーロッパ戦線の激化などの影響により日本の体育行政も紆余曲折を経て、前年(1941年)の夏の甲子園は中止を余儀なくされ、この年の選抜も続けて中止されました。ところがこの年の4月18日にはアメリカ軍のドーリットル隊による初の東京空襲が実施され、また国民には知らされなかったものの6月5日にはミッドウェー海戦で敗北。日本政府は国民の士気を鼓舞する必要性を認め、全国規模の体育大会の開催を企図しました。

また政府内の事情として、文部省と厚生省による学生体育の管轄を巡る暗闘が展開されていました。1941年から1942年にかけて文部省が管轄する夏春の甲子園大会が中止された一方で、1941年秋の厚生省が主催する神宮国体は開催されました。文部省としては巻き返しを期して、この夏には自らの主催で大会を開催したい思惑があったのです。

こうした、球児や中等野球関係者とは全く関係のない諸事情により、文部省の外郭団体である大日本学徒体育振興会の主催により、この夏、大日本学徒体育振興大会の一環としての第1回全国中等学校体育大会野球大会の開催が決定したのです。本大会は朝日新聞の「正史」から抹殺された「幻の甲子園」という言い方がなされることがありますが、むしろ朝日新聞側は通算大会数の継承や優勝旗の提供などを文部省に申し入れて拒絶された経緯があり、実態は文部省側から「正史」への編入を拒絶されている、と言った方が適切だと思います。

本予選は記録の混乱や欠落が多く、私の推測による部分も含まれております。東京の二次予選では新聞報道において足立中と日大中が混乱しておりますが、これに関する決定的な情報を入手できなかったため、私は「一次予選を勝ち抜いた足立中が何らかの理由で二次予選を辞退し、一次予選で敗退した日大中が何らかの理由で復活して二次予選に参加した」と推測しました。他には、スコアの不明試合がいくつかありますが、勝敗は確定しているつもりでおります。誤りのご指摘や不明スコアの分かる資料の情報のご提供など、いただけますと大変にありがたく存じます。

50位までは以下の通りです。
1942 振興大会予選
順位 前回順位 学校名 地方名 Pts増減 現在Pts
1 1 岐阜商 岐阜 -165.084 1982.847
2 2 東邦商 愛知 -163.413 1794.245
3 3 中京商 愛知 -123.870 1452.875
4 4 海草中 和歌山 -32.312 1367.955 全国大会出場
5 5 平安中 京都 -47.483 1085.288 全国大会出場
6 6 島田商 静岡 -46.601 818.702
7 8 熊本工 熊本 -24.125 732.343
8 7 浪華商 大阪 -106.343 690.496
9 12 一宮中 愛知 85.035 684.625 全国大会出場
10 9 愛知商 愛知 -81.019 656.307
11 10 京都商 京都 -55.741 625.373
12 11 享栄商 愛知 -24.105 583.926
13 17 福岡工 福岡 4.294 545.882 全国大会出場
14 15 下関商 山口 -41.563 522.491
15 13 松山商 愛媛 -75.426 498.305
16 16 呉港中 広島 -46.946 497.478
17 14 海南中 和歌山 -84.075 480.529
18 18 桐生中 群馬 -21.201 473.084
19 20 滝川中 兵庫 3.760 469.056 全国大会出場
20 19 高松商 香川 -33.910 459.267
21 21 徳島商 徳島 -2.258 445.232 全国大会出場
22 22 育英商 兵庫 -49.131 391.377
23 24 早稲田実 東京 -10.431 388.003
24 25 長野商 長野 -28.486 366.195
25 26 松本商 長野 14.698 355.698 全国大会出場
26 29 市岡中 大阪 33.047 346.848 全国大会出場
27 23 明石中 兵庫 -105.209 332.921
28 27 京阪商 大阪 -20.054 313.051
29 31 大分商 大分 6.478 307.766 全国大会出場
30 30 岡崎中 愛知 -19.829 286.878
31 32 日大三中 東京 -11.028 284.143
32 28 小倉工 福岡 -41.852 272.855
33 33 日新商 大阪 -26.003 257.124
34 34 浅野中 神奈川 -5.906 236.718
35 36 高崎商 群馬 -12.242 222.674
36 37 愛知一中 愛知 -14.306 211.030
37 35 甲陽中 兵庫 -28.365 208.957
38 38 北海中 北海道 -1.769 205.019 全国大会出場
39 39 横浜商 神奈川 -8.258 197.721
40 40 慶応商工 東京 -8.133 193.904
41 44 膳所中 滋賀 -1.830 183.077
42 45 千葉商 千葉 -1.890 181.612
43 51 静岡中 静岡 3.685 170.907
44 46 志度商 香川 -13.137 170.063
45 52 神奈川商工 神奈川 5.744 169.050
46 53 静岡商 静岡 8.253 167.615
47 48 鹿児島商 鹿児島 -11.828 166.817
48 49 扇町商 大阪 -9.938 165.080
49 47 鳥取一中 鳥取 -21.281 158.381
50 50 高松中 香川 -15.710 158.250
(50位以降を含めたランキング全体はこちら(正式版1942振興大会予選中等学校ランキング))

50位圏外の地方優勝校は55位広島商、56位水戸商、72位敦賀商(現・敦賀)、80位仙台一中(現・仙台一)、112位京王商(現・専大付)、185位台北工。このうち京王商は2015年現在、春夏の甲子園出場経験がありません。

上述のように前年の夏の甲子園、この年の春の選抜と中止されており、上位校はポイントの劣化を支えられず大きくポイントダウンしています。2000ポイント越えの学校が存在しなくなってしまいました。その中で一宮中(現・一宮)が初のランキングベスト10入り。これで愛知勢は1940年選手権終了時点以来2年ぶりにランキングベスト10内に4校がランクされる状況が復活しました。岐阜勢、静岡勢も合わせて東海勢で上位10校中6校を占めており、東海王国はなお安泰です。代わって京都商(現・京都学園)は同じく2年間守ってきたランキングベスト10の地位を失いました。熊本工は1ランク上げて7位。こちらも同校として過去最高ランクで、熊本勢としても過去最高ランクです。ランキングベスト10は上述の6校を送り込む東海勢と3校を占める近畿勢、そしてこの熊本工。東海、近畿の2強がひしめく中で唯一の他地区勢です。孤軍奮闘する熊本工のさらなる活躍を見たいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。