FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定版 2016年春季地区大会終了時点高校ランキング

<<前のランキングへ 次のランキングへ>>

>>暫定版 2016年春季地区大会終了時点地方ランキングはこちら

ホームページ「高校野球ランキング」】でもいろいろなデータを公開しています。

2016年(平成28年)春季地区大会終了時点でのランキングを発表いたします。

各地区優勝校は以下の通りです。
2016 春季地区
地区 学校名 地方
北海道 札幌大谷 北海道
東北 東北 宮城 12年ぶり12回目
関東 前橋育英 群馬
北信越 星稜 石川 22年ぶり9回目
東海 常葉橘 静岡 8年ぶり2回目
近畿 履正社 大阪 3年ぶり2回目
中国 崇徳 広島 40年ぶり3回目
四国 高知 高知 6年ぶり10回目
九州 福岡大大濠 福岡 25年ぶり2回目

大会結果を反映したランキング(上位50校のみ)はこちら。
2016 春季地区
順位 前回順位 学校名 地方名 Pts増減 現在Pts 備考
1 1 大阪桐蔭 大阪 -14.467 1654.720
2 2 仙台育英 宮城 27.313 1272.731
3 3 敦賀気比 福井 8.411 1217.330
4 4 八戸学院光星 青森 -6.406 1184.430
5 5 浦和学院 埼玉 -6.161 940.108
6 7 関東一 東京 24.972 837.971
7 6 明徳義塾 高知 8.415 830.027
8 8 東海大相模 神奈川 -1.892 779.256
9 9 龍谷大平安 京都 -1.674 767.376
10 10 聖光学院 福島 3.497 709.184
11 13 智弁学園 奈良 28.125 669.240
12 11 沖縄尚学 沖縄 -8.822 668.870
13 12 健大高崎 群馬 -10.306 648.283
14 14 花巻東 岩手 31.401 619.066
15 15 日本文理 新潟 -7.089 572.072
16 16 日大三 東京 -5.054 569.528
17 17 高松商 香川 0.000 567.785
18 18 青森山田 青森 -6.600 553.051
19 25 履正社 大阪 88.794 510.956 地区優勝
20 19 三重 三重 -3.092 510.692
21 20 天理 奈良 -6.539 486.930
22 21 興南 沖縄 -0.108 480.913
23 23 県岐阜商 岐阜 24.468 478.207
24 22 作新学院 栃木 -7.995 453.354
25 24 常総学院 茨城 -1.610 433.002
26 40 前橋育英 群馬 108.812 432.366 地区優勝
27 26 木更津総合 千葉 0.000 415.219
28 27 報徳学園 兵庫 -5.517 405.597
29 28 北照 北海道 -3.941 403.686
30 29 鳴門 徳島 3.648 392.122
31 30 神村学園 鹿児島 -8.039 372.729
32 32 東海大札幌 北海道 11.125 365.131
33 31 中京大中京 愛知 -0.565 360.610
34 33 早稲田実 東京 0.000 353.356
35 36 智弁和歌山 和歌山 19.860 353.186
36 41 高知 高知 47.893 353.095 地区優勝
37 34 今治西 愛媛 -2.549 348.586
38 45 横浜 神奈川 54.989 343.124
39 35 盛岡大付 岩手 -6.061 340.995
40 37 九州学院 熊本 -0.307 330.695
41 39 九州国際大付 福岡 -2.945 326.659
42 38 常葉菊川 静岡 -4.400 326.480
43 42 関西 岡山 -0.860 293.025
44 43 広陵 広島 -3.415 288.565
45 44 静岡 静岡 -5.511 285.719
46 46 東海大甲府 山梨 1.894 281.457
47 47 東邦 愛知 -1.390 270.741
48 50 二松学舎大付 東京 15.187 270.207
49 48 愛工大名電 愛知 0.000 264.228
50 49 習志野 千葉 -10.305 251.932
(50位以降を含めたランキング全体はこちら(暫定版2016春季地区高校ランキング))

地区優勝校で50位圏外なのは、71位東北、72位星稜、110位常葉橘、137位札幌大谷、157位崇徳、161位福岡大大濠。前年は50位圏外の地区優勝校は5校であったのに対して、今年は6校。実に3分の2が50位圏外となりました。甲子園に直結しない春季大会独特の現象かもしれませんが、それだけに中堅以下にとどまっていた学校が実績と経験を積み、自信を得られる跳躍台となり得る大会です。星稜が22年ぶりの優勝だったのは意外な感じがしましたが、40年ぶりに優勝した崇徳は1976年選抜で初出場初優勝を果たした強豪でありながら甲子園からは1993年以来20年以上遠ざかっており、また25年ぶりに優勝した福岡大大濠は1980年代を中心に春3夏3の計6回の甲子園出場を果たしていますが、こちらも1991年以来25年も甲子園から遠ざかっています。こういった学校が春季大会優勝をきっかけに復活を遂げられれば、夏の地方予選や甲子園もさらに盛り上がることになるのではないでしょうか。

ランキングベスト10圏内にはほとんど動きがなく、6位関東一と7位明徳義塾が入れ替わったのみ。ポイントにも大きな動きはありませんが、首位大阪桐蔭と2位仙台育英との差は少し縮まり400ポイントを割りました。甲子園で優勝しても獲得できるポイントは300~400ポイント程度であることが多いことを考えると甲子園1大会で逆転するには厳しいポイント差ですが、もし大阪桐蔭が府予選で敗れるようなことがあれば、大阪桐蔭のポイント劣化によるポイント減少と合わせて逆転できるかもしれません。大阪桐蔭は2012年選抜終了時以降、丸4年にわたって首位を守り続けています。この大阪桐蔭の地位を脅かす学校が現れるのかどうか、楽しみなところです。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水銀198

Author:水銀198
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。